開催期間:2018年7月10日~7月31日

菊竹清訓建築設計事務所の創生期に入社し、長年その建築設計を支えた遠藤勝勧氏は、菊竹清訓氏からまず初めに建築を実測してスケッチすることを指導された。建物のスケール感を体感し、それを身につけるためでした。この展覧会では、1960年代に渡米した際に各地の名建築の実測スケッチを中心に、その原画を展示しました。来場者は600名を超え、新旧の建築学会会長など、著名な建築家も数多く来廊されました。また、学生など、若い来場者も目立った展覧会でした。ブックレットは在庫切れとなり、急遽増刷いたしました。

「手の記憶/遠藤勝勧・建築実測スケッチ展」フライヤー表
「手の記憶/遠藤勝勧・建築実測スケッチ展」フライヤー表
「手の記憶/遠藤勝勧・建築実測スケッチ展」フライヤー裏
「手の記憶/遠藤勝勧・建築実測スケッチ展」フライヤー裏
会場風景
会場風景
会場風景
会場風景
会場風景
会場風景
説明を聞く古谷誠章・早稲田大学教授
説明を聞く古谷誠章・早稲田大学教授
説明を聞く鈴木恂・早稲田大学名誉教授
説明を聞く鈴木恂・早稲田大学名誉教授
説明を聞く齊藤祐子・早稲田大学講師
説明を聞く齊藤祐子・早稲田大学講師
若い来場者に説明する遠藤氏
若い来場者に説明する遠藤氏
若い来場者に説明する遠藤氏
若い来場者に説明する遠藤氏
会場風景
会場風景
会場風景
会場風景
増刷されたブックレット
増刷されたブックレット
スケッチの原画
スケッチの原画
スケッチの原画
スケッチの原画